BIOGRAPHY

AMI NAKAZONO

プロフィール

中園亜美

1986年鹿児島市出身、福岡第一高等学校音楽科卒業。 洗足学園音楽大学Jazz科からBerklee音楽大学へ編入。 サックスをWalter Beasleyらに師事。2009年卒業後、NewYorkを拠点にアメリカ、ヨーロッパで サポートミュージシャンとして活動。 2014年より東京に拠点を移し、ソロとしての活動を本格的にスタートさせる。

2015年10月サウンドプロデューサーに安部潤を迎えVEGAミュージックエンターテイメントよりアルバム「Make It Happen!」を発売。タイのHitman Jazzからも同時リリースを行い、同年バンコクやチェンマイとジャズフェスへも参加する。2016年8月には世界配信シングル「She's Home」と「World Connection」をリリース。2017年4月米・ワシントンDCにある老舗ジャズクラブBlues Alleyでの単独ライブを成功させる。

2018年4月にスペースシャワーミュージックよりセカンドアルバム”The Real”をリリース。2019年には倉木麻衣20周年記念ホールツアーに参加。

クラシックのバックグラウンドと本場アメリカNYで磨いたセンスの二つを持ち合わせソプラノサックスをメインとした次世代を担うサックスプレイヤーの1人として日本のみならず世界中で活動中。